心の時間

なるべく本音で話します!

快楽亭ブラ坊のクラスメイトの者です。

こんにちは!

テレビ番組「ザ・ノンフィクション」は御覧になりましたか?

先日の放送で特集されていた落語家の快楽亭ブラ坊さん。

実は僕の高校時のクラスメイトで三年間同じ教室で過ごした仲間です。

落語っぽいことをやっているのは、風の噂などで知ってはいたのですが、ブログを再開した僕には思わぬビッグなネタ(笑)

速攻で本人に許可を頂き、記事を書かせて頂く流れとなりました。

とは言え僕は落語の事を一ミリも知りませんので、快楽亭ブラ坊さんのファンがより彼に興味を持てるような。また、僕を含め落語を知らない方が少しでも興味を持てるような書き方をしようと思います。 f:id:manimanipen:20200210173147j:plain まず、ルックスや髪型などのスタイルは高校の頃と変わりません。ちょっとオジサンになっただけ(失礼)

テレビ番組内では、売れない落語家でギャンブル依存症で借金も作り、婚約者の女性に見限られチラシもまともに作れないクズ!!

ってナレーターの壇蜜さんに言われてて正直少し羨ましかったです(爆)ははは!

まあ、テレビ番組なので多少、視聴者に分かりやすく編集してるでしょうからどこまで本当のクズに落ちぶれたのか、高校以来会ってない僕がどうこうは言えないかな。

まず、僕たちの通っていた高校は農業高校なのですが、農家の子とか、勉強にはあまりついていけない(けど全然出来ないわけではない)のんびりした性格の子が多いのです。今は野球も昔より活躍していますし、ライフル射撃部がちょっとした話題だったりで雰囲気が変わっているのかもしれませんが・・・

少なくとも僕らの世代はそう言った甲斐性ない奴が多く、まーったりした雰囲気でした。活躍も少なければ酷いイジメも無かったはずです。

快楽亭ブラ坊さん(以後、和田くん)も基本的にはそんな性格からは大きくは外れていなかったと記憶しています。

しかし、クラス委員長みたいなのもしていたし、運動会のブロック長みたいなのもしていました。 勉強もクラスの中では出来る方で後に大学に進学したみたいですしね。

やっぱり自分で自分の道を歩いていくためのアクティブさは当時からあったんですよ。

クラスのムードメーカーとかリーダーみたいな部分もあった、学級ヒイラルキー的には上の方に居たんですよ。

クラスの中でも陽キャグループの中に調子良く飛び込み、学級ヒイラルキーが低い控え目な性格の子はあまり相手にしていなかった所もありましたね!(クズの片鱗が伺えます)

実際、僕も運動会の出し物でリーダーの和田くんに提案をしたのですが相手にもされなかった思い出があります。

やっぱりクズやないか!

強い者にはいい顔をして、弱い者は踏み台にする。 そう、組織ではひょいっとソコソコの所まで出世しちゃう感じの・・・

クズやないか!!!!!

しかもね、クラスのリーダーみたいな感じだったから卒業する時に同窓会の幹事みたいなのに選ばれてみんな和田くんに連絡先書いて渡したの。

俺、一度も同窓会に呼ばれてないんですけどーーー!!

テレビ通りのグズなら皆の連絡帳を情報屋に売り飛ばして、仲の良かった奴とだけ飯でも食いに行ったんだろ?!

オーマイガー!!!!いや、↑のは完全に僕の妄想です(笑)

そう、思い返してみたんですよ。

こんな彼も僕にギターを貸してくれたことがあります。 当時僕はバンドマンになる事を決めてまして、年上の人たちと組んでliveする事になったのですが、僕の持っているギターではライブで演奏するヘビーな音が出にくいと言う事でダメ元で「貸して」っていったら貸してくれたんです。

人に借りまくった彼も、人に何かを貸す事があると言う事です。

なお、僕はその借りたギターをメチャクチャ酷いコンディションで返しました。俺がクズやないか(笑)

高校卒業して、和田くんがDJ活動をしている事は知っていましたが、僕がメールしてもあまり返事が返って来なくてそれ以来はあまり彼の事を知りませんm(__)m

実は僕も一時期は芸能活動をしていた事があります。大変さや不安さも知っています。僕も人の事言えないくらいはボンクラです。

なので今も前線で頑張っている彼を凄いなって思います。

周りに迷惑もかけたみたいですが・・・ 今は借金は返したみたいですよ。

テレビを見ていて2つ、彼の発言で印象に残った事があります。

一つは「皆に好かれるのって難しいんですよ」みたいな事を彼が言った事。

(そうだよな。沁みるわ。俺もお前の事そんなに好きじゃねぇし←オイ!)

今の僕が偉そうにアドバイスするとしたら、沢山の人に好かれるより、出来るだけ沢山の人を見返り考えず楽しい気持ちにさせる事だけに集中してはどうかな?って。

でも僕は一般人なので本当に偉そうな事言えません。

もう一つは「ブラック師匠が亡くなった後の事を考えていた事」

人間、余程のアクシデントが無ければ年上の方から亡くなります。

その事をしっかりとイメージしたり、悩んでいる姿に感動したのです。

これも偉そうに言えません、視聴者として感じただけです。

少し長文になりましたがファンの方少しは楽しめましたか?

和田くん改め快楽亭ブラ坊さん、体を壊さないように頑張って下さいね。

最後に快楽亭ブラ坊さんのホームページを貼っておきます。 快楽亭ブラ坊HP

僕もチェックします! ブログを書く機会を頂いてありがとうございました。