心の時間

なるべく本音で話します!

観音様のゆくえ。

こんばんは、先日書いた記事

宗教のお誘い?

の続きです。

休日を挟んだので僕との話は忘れてくれたかな?と都合のいい期待をしていたのですが、そんな事はなく、アクティブに話しかけて頂きました。

「なかなか、休憩時間が合いませんね?時間が合えば5分ほどお祈りさせて下さい。」と言ってきました。

僕はこの話は逃げ続けていても拉致がないと腹を括りました。

「僕、実はブログをしています。そのお祈りの事を記事にしてもいいですか?」

と交渉したのです。僕にだってメリットがあっても罰は当たらないでしょう。

そしたら 「それはやめた方がいいです。」と言う即答

書かれてはちょっとマズいと言うような反応でした。この「やめた方がいい」と言う表現がどういう意味なのか少し引っかかりましたが。

情報が明るみになれば幹部に叱られるだとか、自分に不利益になる可能性があるだとか、はたまた僕が謎の組織に狙われる事になるのか、そう言うニュアンスを含んで居たのでしょうか?

しかし、これはあくまで僕のネガティブな妄想です。

とにかく、記事がかけないのなら5分だろうが興味が無い事に時間を無償で差し出す暇はありません。

ですので「では、すみませんがお断りさせていただきます」と少々角の立つ言い方になってしまいましたがお話を終わらせて頂きました。

もし、皆様と有益な情報を共有できるならチャンス!

と思っていただけに少し残念です。

もし、気が変わったら記事と引き換えにお祈りして下さいね。(5分だけですよ?)

では、また進展があればお伝えします!