心の時間

なるべく本音で話します!

表現の自由

おはようございます!晃一です。

今回は「表現の自由」をテーマに書きたいと思います。

ワタクシ、このブログを始めてちょいちょい 「人を傷つけたり、陥れたりしなければ何をしても良い」と発言しております。

例えば自分が変顔をしまくった動画をYouTubeに投稿したとしましょう。

それに対して「恥ずかしくないのか?」

「大人気ない」などと言われるかもしれません。

しかし、それは誰かを傷つけたり陥れたりしてませんよね?

強いて言うなら精々自分くらいか?

ですので、全く気にする必要が無いという事です。

傷つけるのと怒らせるのは違います。

怒らせたら比較的すぐに反感的な態度を取ってもらえるでしょうが、人が傷つく時って割と静かに傷ついたりしますよね。

別に反感を買ったり、バカにされたとしてもその人を傷付けた訳ではありません。

そういうのって、どちらかと言うと相手のメンタルの問題ですよね。

今、世間で注目を集めているYouTuberやそうでなくとも何かのリーダーみたいな人なんて顔も実名も公表した上で特定の人から反感を買う様な事を堂々としちゃいます。

でも誰かに迷惑を掛けたり傷つけている訳じゃ無いですよね。

なので表現の自由としてもっと沢山の人がこれから自分の意見や情熱を主張していって良いと思うんです。

それが明るい未来にも繋がると思いませんか?

ご観覧、ありがとうございました!