心の時間

なるべく本音で話します!

YouTubeはステマだらけ?学ぶなり!ブログラミング。

こんにちは!精神が歪んでいる男、晃一です!

しかし!僕の精神が歪んで見えるのは世界が歪んでいるからそう見えるだけなのです!

と、いきなりサイケデリックで申し訳ありません。

気を取りなおして、今日はYouTubeが今やステルスマーケティングだらけなのではないか?

と言う僕の想像を書きたいと思います。

僕が今年からブログやYouTubeを再開したのは娘が産まれて稼ぎを増やしたいと思ったからです。

う~ん。実に安直な性格です(笑)

副業について調べていたら「ブログやYouTubeでメインの収入を超えました!」

そのような投稿が目に付いたのがきっかけです。

それを見て僕も、確かにブログもYouTubeも無料で投稿できるのでリスクゼロだと思い始めてみました。

今思えばこの時すでに、まんまとステルスマーケティングの罠にかかっていたのかも知れません。

稼いでいると自称しているブロガーの多くはプログラミングを学ぶ事をお勧めしていて、そしてプログラミング教室の広告がblogや動画にくっついていたりします。

それが気になっていましたし、本当に多くのプログラミング教室の広告が出てくるので友人のプログラマーに聞いてみたんです。

「プログラミング教室ってぶっちゃけどうなの?」

って…

そしたら「2、3ヶ月でプログラマーにはなれるかもしれないけどエンジニアにはなれないと思う。リモートでエンジニアと言うキラキラした言葉に騙される人も居るんだろうね。」 と言われました。

僕も音楽の専門学校へ通っていた事がありましたが、「学校に行けばコネも出来て先生がなんとかプロにしてくれる」みたいな淡い期待なんかを抱いていた事を思い出しました。

でも実際は学校なんて行かなくてもやる奴は自分でトコトン練習してプロになったりします。

つまりは、そう言う事なんですね。

実際はその業界で稼げなかったり、付いて行く事が出来なかった人が講師として働いているという事もあるでしょうし。

f:id:manimanipen:20200316172325j:plain

プログラミングの仕事がキツくて辞めたいなんて相談も僕は友人から受けた事がありますから、キラキラした軽い気持ちで出来る仕事ではないのだと思います。

ですので、精神も体も楽して稼ぎたいと思うのなら多分プログラミングとか手を出さない方が良くて、派遣のバイトや契約社員をしながら趣味や副業にトライした方が良いと思います。

まあ、僕自身がプログラミングに関して全くの無知ですし興味も、触れた事もありませんので何とも言えない所はあるのですが…

宣伝しているスクールは何十万と言う単位で授業料がかかってくるので素人が盲信して飛び込むのは危険なのかなと思います。

宣伝動画などでも、成功したければ孤独になる事、人がどう思うかは関係ない。この動画に注目したあなたは見る目がある!

などと言っておりました。

確かに間違っては無いのだと思うのですが・・・

それってなんだか宗教の勧誘にも似ているなぁ。なんて思ったりもするのです。

まずは、その人が務めている会社の事を悪く思わせ本人を孤立させて辞めさせます。

その後、あなたは行動力がある!なんて褒めて入会させるのです。

入会させてしまえば、後はこっちのもの!

みたいな部分があるのではないか?

そうな風に僕は思ったりもします。

どんな会社でも悪い所は必ずありますし、どの組織だってある程度は宗教のような洗脳で社員が動いて成り立っていたりしますからね。

ですので、ネットの記事や動画に惑わされて闇雲に行動する事には慎重になった方が良いのかと思います。

また、別のYouTubeではイケメン男子グループが出会いアプリで女の子をお持ち帰りできるんだ!

なんてバラエティー風に動画を作っていましたが、動画中に使用したアプリの名前が何度も出ていました。

なので若者を使った企業側のステマなのかなと思っちゃったりしました。

もしも、今のyoutubeやブログなどが一見楽しく好きな事を配信しているように見えても中身はお金儲けのために企業側にある程度操作されているのだとするならば…

それはサラリーマンやっているのと本質は大して変わらないのかなぁ。なんて思ったりしますね。

僕も上手くお金が入ってくるようになったら企業の言うがままに中身の伴ってない商品やサービスを視聴者に大げさに宣伝するようになってしまうのでしょうか?

また、己の収入のために「お金の稼ぎ方」と称してビジネスを始める様になってしまうのでしょうか?

まさにネット世界のねずみ講です。

僕にはできないかもしれませんね。

本当の意味での集団に属せない奴ですからね。

以上!

ご観覧、ありがとうございました!