心の時間

なるべく本音で話します!

上司が部下に好かれるには

こんにちは、毎日ストレスと戦う晃一です。

そんな僕はBOSSから新しく発売されたエナジードリンクのレビユー動画を出してみたので良かったら見て下さい。

さて、今回は上司が部下に好かれるには?と言うタイトルですが実際に普段、部下の立場である僕の視点から「どうすれば部下から好かれるのだろう?」と言う事を書いていきたいと思います。

ただ、僕の場合は上司が好きと言うよりも「嫌い」と言う気持ちが先行してしまうためこれをやったら部下に嫌われると言う事をピックアップしていきたいと思います。

嫌われる行動をしなければ好かれる可能性もグンと上がると思いますから!

それでは参りましょう!

人によって態度を変えない

例えば、同じ同僚であっても年齢や雰囲気の違う2人が居たとしますよね?1人は上司よりも年上で1人は年下、または1人は強面な雰囲気で1人は控えめな雰囲気。この2人に対して口調が違ったり、与える仕事量が明らかに違ったりすると部下の不満は溜まっていきます。やる気の低下、退職などにも繋がり生産性の低下にも繋がると思います。仮に嫌っていた部下が辞めたとしても、残った現場は馴れ合い要素が強くなったと言う事ですので良い事はないと思います。

あと、自分だけに良くしてくれる上司も正直に言うと信用できません。ありがたいと言えばありがたいのですが、やはり興味のない人との寒暖差をそこに垣間見てしまうからです。

こう言ったちょっとした差別はイジメやパワハラの元にもなってきます。部下はちょっとした他人との接し方の違いに思ったより敏感です。ご注意ください。

会社の悪口を言わない

これを言っちゃぁおしまい的な所があります。その上司に付いて行く気0に成りかねない案件です。 自分に厳しい上司の事を「もしかしたら僕の事を思って厳しくしてくれるんだろうか?」なんて思っていた部下も一瞬で夢から冷めます。

「コイツは会社に対する不満やストレスを俺で発散していただけなのか…」と

また、「この会社は出世しても満足した気分になれないんだな・・ならこのまま適度に力を抜いて出世せずに生きよう」とも思います。

矛盾を押し付けない

例えば朝礼では「挨拶はキチンとせよ!」と威厳のある事を言っていても次の日の部下の気合いを入れたあいさつに上司が反応しなければどうなるでしょう?

「もうこの上司の言う事は半信半疑で良いんだな。」「信用してはいけない人間だ」「適当にその場で合わせるだけの関係にしておこう」

少なくとも僕はそのように感じます。また、先ほども書いたようにそれまで上司を尊敬していた気持ちが0や下手したらマイナスになりかねません。 厳しい事を部下に言うなら自分ができている前提で指導して下さい。

干渉(鑑賞)しすぎない

部下のやる事を前置きなしで監視したり、さらには他の上司と一緒になってそれをやったり… 特に大した用件でもないのに休日に電話をかけたり…

正直、暇なの?って思います。これも上司を尊敬できなくなり、逆に距離をもっと置きたくなる案件です。 部下を追い込むためにやるなら効果的かもしれませんが報復やしっぺ返しにご注意ください。

部下に八つ当たりしない

これはね、部下って本当に敏感なんですよ。たぶん上司より部下の方があなたの事に敏感です。

八つ当たりなんだな…って感じ取りますから。

どこからどこまでは「愛のムチ」でどこからどこまでは「ストレス発散」かって

ストレス発散の道具にされた部下はもう当分あなたの事を上司とは思いません。社長や部長などに厳しく言われても少し時間を取り、心を落ち着かせる事をお勧めします。ご注意ください。

以上、僕が普段思っているようなリアルな体験から上司が部下から嫌われるパターンを書いてみました。

このような事に気を付けていれば自ずと部下は付いてくるのではないでしょうか?

ご参考になれば幸いです。

また、部下に八つ当たりせずには居られないほど仕事に不安やストレスを感じているのなら一度転職を検討してみる事をお勧めします!

ご観覧、ありがとうございました!