晃一の心の時間

育活パパが子育て、仕事、副業、youtube、趣味、ゲームなどの色々な事を書いていきます。カテゴリーが定まっていませんが読者の方に価値を提供できるように頑張っていきます!!

絶対子供に学ばせたい習い事

こんにちは、生後4カ月の娘を持つ晃一です。

子供は成長がとても速く、寝て起きるたびに新しい事ができる様になったり、体や表情が大人に近づいて行きます。

娘もここ数日で幼児向け番組の音楽や映像が少し理解できるようになってきたのか、体を動かし嬉しそうに見ています。

僕がニュース番組を見ていると幼児向け番組を流せと言わんばかりに不機嫌になる程です。

f:id:manimanipen:20200507065902j:plain
寝起きの娘

まだ0歳ですので、本格的な勉強や教育は早いと思うのですが、親としてこれからの時代を生き抜いていくために娘に絶対「習わせたい」と思う事をご紹介しようと思います。

親のエゴってやつがモロに出てしまっていますが、学ぶ姿勢や基礎能力などは若くて脳が毎日成長している子供ほど身に付きやすいと思うので。

英語

英語は世界共通語と言う事で、今も昔も学校で教えてもらえる教科です。

しかし今は国境の壁、人種の壁がどんどん無くなって行っているのに対し、学校の教育レベルのスピードが追い付いていないと感じます。

要するに実用的に、ごく普通に英語でコミュニケーションが取れるようになるのが理想的なのです。

仕事やプライベートで外国人と関わる機会がこれからもドンドン上がるでしょうし、もはや外国人と言う事ばすら時代錯誤を感じます。

また、将来日本では生活しにくい状況になり移住を視野に入れる事があるかもしれません。

すでに一部の人はもう実行に移していて、我々の常識とは違う価値観で日々過ごしています。

近い将来そういう事がもっと一般的に、当たり前のように行われていくのではないかと思います。

そういった時代の流れに対応していく為にも、吸収しやすい幼年期、少年期に英語を学ばせたいです。

我が家では毎日、娘に海外の幼児向け番組を見せています。

歌もテロップも全て英語です。英語はずっと聞いていると初めは辛いですがだんだん脳が慣れてきて、何となく言っている事が分かるようになります。

娘には古い時代の理不尽さを感じる事なく新しい時代で幸せに楽しく過ごして欲しいと思います。

コンピュータ、プログラミング

パソコンや、ネット、スマホの普及やそれを中心に急速に進歩していっているテクノロジーや社会。

とうとう2020年から小学校~高校の各学校で「プログラミング教育」が必修化される事となりました。

もはや、コンピュータができない事は社会に取り残されてしまう可能性すら影を潜めています。

僕もプログラミングなどはできませんが、タイピングや少しのネット知識があるおかげで何とかブログをやって副収入を得る事ができています。

IT業界でバリバリ働いている友人の事は「手に職があって羨ましい」と思っています。

IT技術に加えて先ほどの英語ができれば、世界視野で働き稼ぐ事ができます。なので英語とプログラミングは子供に習わせたいなと思います。

子供にはそれぞれ特性や性格がありますので娘がもしもパソコンが苦手だったらそれは仕方ないとは思いますけど(笑)

僕の世代でも学校にパソコンがあって、週に1~2回タイピングの授業などをやっていました。

これからの時代はタイピングなどは基礎の基礎で、webサイトを作ったり、アプリを作ったり、ドローンなどを制御したりなど子供でも普通にできるようになるでしょう。

できれば最低限、僕と同じように文章を書いたり、音声や動画を編集できる位にはなって欲しいです!親のエゴですが(笑)

音楽

これは完全に家系的な問題ですね。

妻も僕も音楽が好きですから音楽の知識は高めですし、音楽の素晴らしさも知っています。

音楽は感受性を豊かにして傷ついた時や疲れた時に自分で心を癒せる能力が身に付きますし、誰かに優しくする事も出来るようになります。

「音楽に救われた」なんて言葉を言っている人がいると思うのですが、そういう事です。

ただ収入には中々結びつかないので、軽く趣味程度でやってくれたら良いなって思っています。

親のエゴでも良いじゃないか!

どうでしたか?結局の所、親のエゴが丸出しになってしまいました。でも最初はそれでもいいと思うんです。

少しやらせてみて「やりたくない、他の事がしたい」と子供が感じるならそれは好きな事や得意な事が見つかるチャンスだと思います。

僕も過去にサッカーや水泳、学習塾など通っていましたし、そこで「これは好きな事じゃない」って思う事ができたからこそ音楽やブログ、youtubeの道に入る事ができました。

最終的に子供の心が納得している物事を頑張ってもらえるのが理想です。

ご観覧、ありがとうございました。