晃一の心の時間

育活パパが子育て、仕事、副業、youtube、趣味、ゲームなどの色々な事を書いていきます。雑記ブログになりますが、読者の方に価値を提供できるように頑張っていきます!!

腰痛には高反発マットレスがおすすめ

こんにちは、腰痛持ちの晃一です。

皆さんは普段、どんな寝具を使っていますか?

ベッドですか?布団ですか?

高反発ですか?低反発ですか?

布団の方は床は畳ですか?

フローリングですか?

寝具選びや、使用環境との相性はかなり奥が深いと思います。

f:id:manimanipen:20200517183337p:plain

僕は以前、低反発の方が楽なのかな?と思っていて使っていたのですが、それで腰痛が悪化しました。


GOKUMIN マットレス 低反発 ベットマット 敷布団【高反発が苦手な方の睡眠を改善する抗菌防臭マットレス】 (プレミアムホワイト, シングル)

床もフローリングだったため尚更良くなかったのだと思います。

やはり、布団やマットレスで寝るなら床は畳の方がオススメです。

弾力やクッション性がありますからね。

ですが、賃貸アパートだと床がフローリングの場合が多く、そうは言ってられないのが現実です。

僕のオススメは床がフローリングでも底着きしない高反発マットレスです。


GOKUMIN マットレス 高反発 ベットマット 敷布団【厚さ5cm独自技術で睡眠を改善する抗菌防臭マットレス】 (ブラック, シングル)

これだと、床が畳でもフローリングでも関係なしに体を回復させてくれます。

もちろんベッドに敷いてもOKで色んな使い方ができます。

高反発マットレスは全ての体格の方におすすめです。

寝ている時に自然に寝返りを促進してくれて、血液の流れを遮る事なく休む事が出来るのです。

一方、低反発は痩せ型の人くらいにしかオススメできません。

体をふんわりと包み込んでくれるような肌触りは一見、心地が良いのです。

ですが体が沈み込むので、寝返りがし辛く不自然な姿勢で固定されてしまうので、血流も悪くなり体が回復しません。

体重の多い人ほどそれが顕著に出ます。

ですので、低反発より高反発の寝具がオススメです!

腰痛や肩こりのある方は是非、改めてご自分の寝具を見つめ直して見ては如何でしょうか?

より良い睡眠で充実した人生にしましょう!

次回は高反発マットレスの中でも僕が愛用、イチオシしているオススメのコスパ最強マットレスをご紹介します。

ご観覧、ありがとうございました!