心の時間

なるべく本音で話します!

組織に浸かれば浸かるほど搾取される。

こんにちは、契約社員で働いている晃一です。

今日は久しぶりに仕事に関して思っている事を書こうと思います。

やっぱり組織で、集団で働いていると上司や同僚から嫌な顔をされる事があります。

お金を稼ぎに行っている以上、良い顔より嫌な顔をされる事が多いですね。

では、なぜ嫌な顔をするのでしょう。

f:id:manimanipen:20200606200346j:plain

「なんだよコイツ、使えないな」「偉そうだ、鼻につく」「俺はこんなに苦労しているのに楽しやがって」「脅して働かそう」「脅して不利な立場にさせよう」「生理的に嫌い」

これらの理由が思いつきます。

あくまで僕の思いついた事です。ですので僕もこのような感情を人に抱く事があると言う事です。僕の立場であれば抱く必要が無いのですけどね。

前にもブログで書いたのですが、組織的な会社は宗教に近い部分があると思います。

崇める存在がいて、信じる物があって、自分がより教祖に近づきたくて、側近になりたくて。

または、そのコミュニティから迫害されないために・・・

そう言った心理が職場で機能している事を僕は感じます。

お金とは別の何かで動かされているのではないだろうか?と感じざるを得ない人が多いのです。

例えば僕も以前やっていたのですが、現場リーダーです。

ほんの少しだけリーダー手当が付きますが、とても労力に見合った金額だと思えないのです。

他のリーダーの時給を聞いた事がないのでもしかしたら、自分が搾取されていただけなのかもしれません。

また、正社員になれば毎日当たり前のように残業をして、休日出勤や転勤などもあります。

ボーナスや家族手当が出るので、非正規よりも年収は多いのですがまるで人生を売っているように感じます。

高圧的な人が多いほど、その環境に不満を持った人が多いのかと思います。

現場の責任者クラスの人が、末端スタッフの僕に苛立ちをぶつけてくる時点で「満たされてないのかな?」と言う風に感じるのです。

それは、その人が悪いとかではなく組織図がそうなっているのだろうと思います。上司の上や、そのまた上の存在もいる訳ですから。

上司であるのにも関わらず、あまりにも嫌がらせが酷いと「この人はずっと人生を搾取されているんだろうな」そう思ってしまうのです。

僕の勝手な想像なのですが。

「その労力、個人で仕事をすればもっと稼げるのでは?」

人の上に立ち、バリバリ仕事をこなしている人を見るとそんな風に思ってしまいます。

しかし目標や使命感、やりがいなどを強く持っているのならば他人がアレコレ言う事ではありません。

僕はそれらを持つ事が出来なかったため、現在のポジションにいます。

今はネットを使って多少小銭を稼いだりもしているので収入を増やしつつ、会社では最初に交わした契約の範囲内でお金を稼いでいきたいと思っています。

機会があれば僕がリーダーをやって心が折れた事も書こうと思います!

生活するためには多少搾取されても今は仕方ないですが、これからは僕個人でできる可能性にも賭けてみたいと言う所です。

では、ご観覧ありがとうございました!