心の時間

なるべく本音で話します!

正社員とは、より多く会社にbetした者である。

こんにちは、今日も定時で会社を後にした晃一です。

こんな日も、上司は遅くまで会社に残って仕事をしています。

上司も大変そうですが、それぞれが選んだ道です。

僕も低賃金で自由が多いコースを選びました。

f:id:manimanipen:20200611203517p:plain

僕が働いている物流会社は、正社員と非正規でかなり労働内容が異なる会社です。

全く別の仕事と言ってしまって良い程、差があると思います。

非正規社員はとにかく責任が無く、低賃金です。

上司やリーダーから言われた事を淡々とやります。

キツい仕事や理不尽な事を押し付けられる事も多いですが、時間が来ればサヨナラ出来ます。

もちろん忙しい時に残業しなければ良い顔はされません。

非正規社員が会社で収入を上げるには残業を多くするか、正社員になる位しか方法はありません。

非正規社員は、基本的に社員と名が付くだけのアルバイトです。

正社員になると、ほぼ強制的な残業と家族手当やボーナスで年収100万くらいは初年度でも上がるみたいです。(人から聞いた話なので確証はありません。)

肉体労働や直接商品にタッチする回数は減りますが、部下の管理や取引先との連絡、日々の計画やその他諸々の処理、雑用などがあります。

さらに出世コースを選ぶなら、転勤可能に設定せねばなりません。

この会社の「同一賃金、同一労働化」はまだ時間がかかりそうです。

ちなみに、殆どのスタッフが正社員に成りたくても成れないのではありません。

低賃金でも良いから、今の責任の無い働き方を続けたいと思っているのです。

僕が入社した5年前はアルバイトから正社員に希望を出した方がチラホラ居たのですが、今はそう言う人をあまり見なくなりました。

その代わり、女性の正社員が増えた印象です。

僕がなぜ、今の会社で正社員に成らなかったのか。

それは「キツそう」だったからです。

と言うかキツいです。

定時で帰っている社員など見た事がありませんし、場合によっては動きの悪いスタッフに大きな声を出して脅かす様な事もしなければなりません。

そうしなければ部下は甘えて動きがどんどん悪くなり、自分の評価にも響いてくるからです。

組織と言う場所は時として理不尽に評価されたり、また評価されなかったりします。

上から言われた事をそのまま部下に言えるような性格でないと厳しいのかな?とも思います。

僕はそもそも自分が組織の一員として働けるビジョンを持てません。

コミュニケーション能力も高くはないですし、社会人としてのスペックが低いです。

そんな自分が、正社員&年収アップと言う単語に釣られて正社員になった所で潰れるのは明白です。

弱気な考えだとは思いますが、この様な考えを持つ事は今は珍しくないと思います。

今日も、遅刻して意識の低い非正規のスタッフに対して「一体、仕事をどういう風に考えているんだ」と上司が嘆いていました。

答は簡単、バイトだし条件も微妙だからクビになっても他に行けば良いや、と思っているのです。

仕事に対しての価値観って昭和の人間と、リーマンショック以前に社会人になったか、それ以降に社会人になったかで大分違うと思っています。

就職する事が当たり前で、会社に居れば勝手に年収が上がっていた昭和。

その流れを引き継いでいる平成リーマンショック前。

そして正社員と言う言葉が遠くの存在になったリーマンショック後。

リーマンショック後の世代だとまず社会に希望を持ってない人が多いです。

スキル無し、学歴無しで正社員になると言う事は過酷な労働が待っていると言う事を身にしみて解っているのです。

僕が入社した五年ほど前はまだ「正社員」と言うキーワードで人間を奴隷にさせる事ができていました。しかし、そろそろ効果が無くなってきたように感じます。

正社員として身を粉にして働けば報われるかもしれません。今のご時世だと報われないかもしれません。

非正規として緩く生きる事を選べばリターンが返ってくる事は少ないですが、そもそもbetが少ないので損をする事も少ないです。

僕は今の場所ではがんばった分の見返りが返ってこない、と予想しているので契約社員として社員の肩書きを持ちながらアフィリエイトなどの自分のビジネスを始めようと思いました。

失敗しても自己責任ですので、僕の挑戦を非難する資格は誰にもありません。

あるとすれば「嫉妬」です。

嫉妬する位なら僕と同じ場所に来れば良いだけです。

アナタはどっちに賭けますか?

ご観覧、ありがとうございました。