晃一の心の時間

育活パパが子育て、仕事、副業、youtube、趣味、ゲームなどの色々な事を書いていきます。雑記ブログになりますが、読者の方に価値を提供できるように頑張っていきます!!

僕のリアル半沢直樹ストーリー

こんにちは、30歳まではかなり批判されたり虐められ体質だった晃一です。

まぁ、今でも人から好かれるよりは批判される事の方が多いとは思いますが・・・

でも人から好かれたり、肯定や応援される事は言い換えれば利用されているとも捉えられるので、ぬか喜びはしません。

とまぁ、こんな歪んだ考えを持って生きているから人からあまり好かれないんですけどね(T_T)/~~~

僕が人生で初めて社会進出したのは高校生の頃の回転寿司屋のバイトです。

色んな人からボロクソ言われて、能力、体力が追い付いていかず、時給も低かったので2週間で辞めました。

僕が働く事に潜在的に苦手意識を持つようになったキッカケだと思います。

ちなみにそれ以降は飲食店で働いた事はありません。

次にバイトをしたのはコンビニでした。同級生の子もバイトしていたので僕も比較的安全に働けるのではないか?と思ったのです。

当時のコンビニは今よりもやる事が少なく、店長にも優しくしてもらったので高校卒業までの6カ月間、勤める事が出来ました。

しかし、やはり先輩からのイビリや副店長と口論になり胸ぐらを掴まれる、などのトラブルは途中にありました。

思い出したら腹が立ってきました。当時の副店長に嫌がらせしに行くか・・・

あ、副店長亡くなられていたわ。

とまぁ、人に威圧的な態度を取ると死んでからも恨まれます。たかがお金稼ぎで、それも最低賃金帯のバイトをイジメたり手を出すのに何かメリットあるのでしょうか?

「これぐらいの事で?」って思うかもしれませんが、本当にそれぐらいの事で傷ついたり一生を賭けて恨んだりする僕みたいな人間もいるのです。

f:id:manimanipen:20200810092922j:plain

半沢直樹の世界では、銀行の支店長クラスの人たちが権力やポジションを賭けて人を陥れたりしています。

僕は人生の中で正社員だった時期が3カ月しかないのですが、ガチガチの正社員やサラリーマンの世界ってあんな感じなのでしょうか?

アルバイトの僕ですら酷い仕打ちを受けてきたのですから十分あり得ますね。

さて、僕の経験の中で半沢直樹に近かったストーリーがあります。

今の仕事に就いたばかりの頃、とある古株の先輩にだいぶイジメられました。

事ある度に指摘してきて「分からないなら聞け!」と言ってきたので「ここ教えて下さい。」と聞くと「えっ、知らね」などと言われたり、「お疲れ様でした」と挨拶しても無視されたりは日常茶飯事。キツイ仕事をやたら振ってきたり、台車で足を突かれたりもしました。

それを上司に相談しても動いて貰えませんでした。たぶん古株の先輩も言い逃れできるギリギリの線で嫌がらせしていたのだと思います。

古株スタッフですし、正社員の上司も何も言わないと言う事で、会社自体がそう言う方針なのだと思い、それから暫くは理不尽な注文も我慢して受け入れていました。

しかし、僕がその先輩にブチ切れたキッカケがあります。

それはフォークリフト作業員に「オーライ、オーライ」と言う安全確認の合図を出している時に「作業しながら号令を出せ」と言ってきたのです。

正直かなり危険な作業ですので、別の事をしながらやると安全性に欠けます。

しかし大先輩ですし、正社員の上司も彼の事を問題視していなかったので「これが会社側の意思なのだろう」とその事に僕は従いました。

ですから僕は手を動かしながら視界半分でフォークリフトに合図を出していたのですが、ふと隣を見ると言った本人が全くそれをやってなかったのです。

この時、「この人は僕の命を軽視している」と感じました。

人生に躓いて半年間の引き籠りから脱出した僕を初っ端から潰そうとしてきたのですから、僕も自分の人生を終わらせる覚悟で先輩に抗議しました。

そうするとアッサリと「スミマセン・・・」と弱弱しく謝って来ました。想像していた展開では無かったので呆気に捕らわれてしまいましたが、それ以後は露骨な嫌がらせをされる事は無くなりました。

その先輩は後日、キャンブルに使うために借金を重ね、手が回らなくなり罪を犯して会社を懲戒免職になりました。

先輩、元気にしてるかな…

僕はあれから結婚して子供も産まれて元気にやってますよ。あなたは幸せですか?

もしも僕に、優しくしてくれていたら・・・

困っていた時に手を差し伸べてあげられたかも知れません。

しかし、人生を邪魔した人を助けてあげられるほど、僕はお人好しではありません。

むしろ「倍返しだ」などとは思いませんでしたが、嫌いな人が転落していく様を愉快に感じてしまいました。

この様に恨みが恨みを、歪んだ心が歪んだ心を産み出します。なので「半沢直樹」も見ていると少し怖い気分になります。

自分より下の世代の方が、自分より一見弱そうな人の方が、実は強い力を持っていたりします。

ですから、後輩などを安易にイジメたりはしない方が良いのです。

ご観覧、ありがとうございました。