晃一の心の時間

育活パパが子育て、仕事、副業、youtube、趣味、ゲームなどの色々な事を書いていきます。雑記ブログになりますが、読者の方に価値を提供できるように頑張っていきます!!

ちょっと高いけど買って良かった、子供の電動鼻吸い器

こんにちは、晃一です。

夏が終わり、秋になりました。

この調子だと今年もあっと言う間に冬が来ますね。

冬になるにつれ、空気がどんどん乾燥していき、風邪のウイルスが増えて行きます。

僕の生後9か月の子供も鼻風邪を引いてしまい、鼻水と発熱で辛そうです。

そこでこの度「メルシーポット」と言う鼻水を電動で吸ってくれる機械を購入しました。

この買い物が予想外に有益でしたのでブログ記事にしようと思います。

f:id:manimanipen:20201003215340p:plain

簡易鼻吸い器のデメリット

メルシーポットのメリットをお話しする前に、今まで使っていた口で吸うタイプの簡易鼻吸い器のデメリットをお伝えしておこうと思います。

f:id:manimanipen:20201003215537j:plain

この様な商品で、本体側を子供の鼻に、チューブの方を大人が咥えて息を吸って鼻水を吸い取ります。

こちら、とにかくしんどいです。息を吸い続けるだけでも体力を使いますが、嫌がる子供を押さえつけながら鼻水を吸うのは至難のワザです。

大人しい性格の赤ちゃんなら良いでしょうが、多くの場合は嫌がり暴れると思います。

そうなると夫婦で協力し、どちらかが押さえつけてどちらかが吸うと言う手法でないと厳しいと思います。

そして、吸う力の加減が難しいです。優しく吸えば鼻水が全然吸えませんし、強く吸えば赤ちゃんの鼻を痛めてしまいそうでとても怖いです。

もう一つ、吸った大人が高確率で子供の風邪ウイルスを貰ってしまいます。

直接鼻水を口で吸うと言う訳ではありませんが、それでも小さなウイルスは空気を介してチューブから口に入ってしまいます。

嫁さんは半年で2回も、子供の鼻水吸引で風邪が移ってしまいました。

子供がまだ小さいのに親子そろって風邪を引いてしまうと、生活に支障をきたします。

いかがでしたか?安くてシンプルな作りですが、かなりデメリットがあると言う事がお分かり頂けたと思います。

メルシーポットの良さについて


Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

さて、少し値は張りましたが思い切って購入してみた「メルシーポット」を早速使ってみました。

電動ですので、的確な強さで吸い続けてくれます。

吸う作業を機械がやってくれるので、子供を押さえてノズルを鼻に入れる作業のみに集中できます。

うちの子は本当に嫌がるので、僕の両足で赤ちゃんの腕と顔を挟んで暴れられない様に固定し、ノズルを鼻に入れています。

この方法だと一人でも余裕で鼻水が吸えます。

またベビちゃんクリップと言う吸引力を高める機構も備わっているので、ネバネバ鼻水もしっかり吸ってくれます。

具体的な使い方のイメージは公式動画で見る事が出来ます。


電動鼻水吸引器 メルシーポットS-503 使い方

口から菌が移らない大人一人でも鼻吸いができる鼻水を吸うための最適な力に設定されている

この様なメリットが「メルシーポット」に存在します。

なぜメルシーポットにしたのか?

電動鼻吸い器にも色んな種類があって、値段の安いハンディータイプのもありました。

最初は「安いので良いかな…」と考えていたのですが、商品サイトのレビューを見ていると「ハンディータイプはあまり鼻水を吸ってくれない」と言う書き込みもありました。

それとは裏腹にメルシーポットの商品評価はとても高かったので、品質は間違いないなと思ったのです。

子供が自分で鼻水を噛める様になるまで、幾度となく吸引しなければいけないでしょうから安定した品質の物を長く使った方がお得だなと思ったのです。

かなり売れている商品ですので部品の替えもネットで買えます。

また、生後0か月から大人まで1日何回でも使ってもOKですので、子供が大きくなっても自分が鼻水を噛むのがしんどい時に利用できるので良いなとも思いました。

買って良かった

安定した品質で長く使えるので、長期的に見たら凄くお得な買い物だったと思います。

正直、最初からこれを買っておけば良かったです。

労力と風邪が移るリスクを大幅に減らしてくれるので、人生の何時間分もの節約になったと思います。

これから子育てをされる方、少し高価な物ではありますが最初っから思い切って買っておけばとても頼りになる存在ですよ。

では、ご観覧ありがとうございました!


絶対的オススメ鼻吸い器「メルシーポット」ご紹介します!