【心の時間】育活パパの雑記ブログ。

普段は契約社員として働き、妻と育児に励んでいます。ブログを通じて人生を豊かにと、日々奮闘中です。

ドライブに最適なCDアルバムbaroque「sug life」

ドライブと音楽について書きます。

ぼくのオススメする、移動中に聴く音楽。今の所のNo.1は
baroqueと言うアーティストの「sug life」です。

このアルバム、活動するためのエネルギーとと適度な冷静さを与えてくれます。

ロックのバンドサウンドを主体に、電子音をうまく混ぜていて、hiphop、バラード、それらの楽曲の合間に歌なしインストが入っています。

バラエティに富んだアルバルなのですが、最初から最後までまるで一つの曲のような錯覚にもおちいります。

音質が良く、痛くない高音域、とても気持ちの良いベース音、メッセージの押し付けを感じさせない抽象的な歌詞でくり返し聴いてても疲れません。

車には他のCDも置いてあるのですが、気づけば最終的にCDドライブに入っているのはこのアルバムです。

2004年とかのCDなので、割と安く手に入ると思います。移動中の音楽を探している方は是非聴いてみて下さい。

sug life

baroque「sug life」の曲


ここからは更に深く取り上げていきます。
●始まりのSE
最後のトラックの音をデジタル加工してstyleに繋げたかったんじゃないかと思います。自然に繋がっていきますが、ぼくは飛ばす事も多いです。

●Style
これぞsug lifeって印象です。メジャー1st.アルバムだし、インディーズ時代のあなくろやイロコイ路線で攻めてくるやろって思ってただけに、初めて聴いた時は「うわ、ハズレや!」と期待を裏切られたと思いました。しかし、今聴くと凄い良いんですよね。疾走感があるエレクトロニカでパワーをチャージできます。駆け出して冒険です!

●ガリロン
この曲はシングルで知ってました。baroqueの定番曲で、ライブでも盛り上がるミクスチャーロックです。ハイテンポで聴き手の気分を盛り上げてくれます。

●歪
hiphop路線の曲で、少しミドルテンポになり、アルバムの中盤へと繋がります。ギターのリフとサビの歌が良いですね。

●rump
次のトラックに移る流れのSE曲です。このアルバムのジャケット、植物や自然をイメージさせてくれます。

●ヒトのイロ
ここでさらに、精神の深い部分へともぐっていきます。(どういうことやねん)
しっとりとした、このアルバムの水分補給のようなイメージ、曲自体は静かな雰囲気ですが、この辺がこのアルバムの攻めている部分だとおもいます。

●exit
このアルバムの一番盛り上がる、と言っても精神世界的にピークを迎える深さです。ギターの音が特にきれいで、車の運転に適度なリラックスと高揚感を与えてくれます。

●ila.
この曲もシングル曲です。特にこのアルバムでの感想は少ないですけど、アルバムが後半になる流れとして、自然に組み込まれています。

●bug
次の曲nutty a hermitに繋がる短いSEです。ぶっちゃけ無くても良いような気はするんですけど無かったら無いで寂しいんですかね?

●nutty a hermit
シングル曲です。特にこのアルバムでの感想はありません。このトラックと次のトラックは単発で聴いたら正直退屈なんですよ。ただこのアルバムのこの位置にあるのが絶妙で、ぼくが車でエンドレスリピート出来ちゃう要因なのではないかと思っています。

●sound of respire
アコースティックギターを使ったゆったりとした曲に、エレキの歪みをミックスし、のどかに歌っているイメージの曲。

●キャラメルドロップス
インディーズ時代のバラード曲の再録です。インディーズ時代はキーが高く、ボーカルが少しキツそう。でもそこがV系っぽかったりもする印象でした。
このアルバムではキーがCからAになっていて、自然な感じです。ギターの音めちゃ綺麗です。現在ライブでやる時はキーがCで、アレンジはsug life風にしてる模様です。

●グラフィックノイズ
爽やかなエレクトロニカロックです。
アルバム最初のstyleの兄弟曲のイメージ。力強いロックでアルバムを締めてくれます。

●…で最後によくわからない生活音とアコースティックギターのSEでこのアルバムが終わります。「なんだか良く解らないのでもう一周聴こう」という心境になり無限リピートが始まります(笑)

以上、ドライブと音楽というテーマで、ドライブにおすすめのCDアルバムのご紹介でした。

ご観覧、ありがとうございました!



sug life

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス