【心の時間】育活パパの雑記ブログ。

普段は契約社員として働き、妻と育児に励んでいます。ブログを通じて人生を豊かにと、日々奮闘中です。

令和時代、女子の性に対する倫理観が大きく変化していると感じる

こんにちは、こーいちです。

 

昭和60年生まれのおっさんです!

 

今日は、令和になり、昔と比べて女性の性に対する倫理観が昔と変わってきたな!と感じることを書きます。

 

インターネットの発達で、女性でも子供でもかんたんにエッチな動画を見ることができるようになりましたし、SNSで誰でもエッチなことを発信できる時代になりました。

 

f:id:manimanipen:20210530093446j:plain

 

 

 

女性の性に対しての倫理観は、全体的に大きく変わった。

 

見る→発信する→また誰かがそれを見る

 

というようなループを繰り返し

 

少しづつ女性の性に対する倫理観が変わっていき、大胆な女性が増えたなと思います。

 

大胆なことをしている、という意識すら感じてないかのように、自然とエッチな言葉や動作を発信する女性が増えたと感じています。

 

それなら、男だって変わっただろう?

 

と思うかもしれません。

 

確かに、男だって性に関する倫理観は過去と昔で変わっています。

 

しかし、もともと男はある程度スケベなので、伸び率が女性と全然ちがうと思います。

 

たとえば、ぼくが産まれる前の生理用品のテレビCMでは、それに女性が映るだけでも賛否両論を巻き起こしたそうです。

 

いまでは、女性タレントが快適そうな顔で堂々とナプキンを宣伝するのが当たり前ですが、昔は生理ですら、あまり触れてはいけないような風潮があったのです。

 

今では、自分でナプキンの吸収力を検証し、YouTubeに投稿する女性も現れるようになりました。

 


www.youtube.com

 

生理用品を例に挙げましたが、ストレートに性の話をYouTubeなどに投稿する女性も増えました。

 

昭和の時代は、下ネタや性の話をするのはどちらかというと男の方が多かったイメージですが、今では女性の方が多くなりつつあるようなイメージを抱きます。

 

男だと恥ずかしかったり、セクハラ扱いされることを恐れてできない話題なんかも、女性の方が躊躇なく発信しているように思います。

 


www.youtube.com

 

この方なんかはその代表例ですね。

 

個人的にはストレートすぎて、少し下品に感じるので好きではありませんが。

 

女性が性に対して大胆になることは、良いことなのか?

 

行きすぎは良くないと思いますが、女性が性に対して全体的に大胆になることは、ぼくは良いことだと思います。

 

なぜなら、子どもを産んで、人類を増やしていくのは女性だからです。

 

将来的には科学の力で、女性以外が子供をつくることになるかもしれませんが、現時点では女性が子供を産んでいます。

 

その女性が、自らの性のあり方を選択できることは自由的で良いと思います。

 

ただし、性を売ってお金に換える行為はあまり好ましいと思っていません。

 

というのも、性=命であるともいえるからです。

 

その「命」をお金に換えて、生活するスタイルは、少しづつ自分の世界を狭めていくと感じるからです。

 

それは、ぼくが体と時間を使いお金を稼ぐのとも似ています。

 

若いうちやその時は良いかもしれませんが、少しづつ居場所が減っていき、じりじりと生活力や精神を削って行くことになります。

 

性をお金と換えるのは一時的な手段にするべきで、他の方法も確立できるように計画する必要があると思います。

 

性とお金はなるべく切り離した方がよいのです。

 

なのでぼくも副業をして、体と時間を売る以外のお金を得る方法を開拓しています。

 

以上、女性はどんどん大胆になっている問題でした。

 

ご観覧ありがとうございました!