【心の時間】育活パパの副業ブログ。

物流倉庫で契約社員をしていますが、将来に強い危機を感じて副業を始めました。育活パパこーいちのブログです。お金稼ぎの事をメインに発信しています。また育児や仕事、オススメの生活雑貨なども紹介しています。

ノースキルで副業を1年間やったら結果が悲惨だった件について

こんにちは、こーいちです。

副業を始めて、約1年が経ちました。

ちなみにこのブログも、ぼくの副業の1つです。

今日はノースキル&低学歴のぼくが、1年間の副業で得た結果を報告したいと思います。

昨今の不況にくわえ、サラリーマンやフリーターは苦労ばかりが増え、給料が上がらないという厳しい日本の現状。

会社勤めだけでは将来が不安で、「副業をしてみようかな?」とおもう人も多いのではないでしょうか?

この記事が、そんな方々の参考になれたら光栄です。

f:id:manimanipen:20210115050154j:plain

副業を始めた経緯と自己スペック

ぼくが副業を始めた2020年は副業ブームでした。

子供が産まれるので、当時は産婦人科にたびたび通っていたのですが、「今のままの収入で家族を養うのは厳しいな」とおもいながら、待合室でスマホを見ていました。

すると「ブログで●●百万円!」みたいな怪しい記事にたどり着きました。

今おもえば、あの時見たサイトは怪しい系のモノだったのですが、当時のぼくは「すごいなぁ、ぼくも稼げるのかな?」と目をキラキラさせていました(笑)

以前、ぼくはバンド活動をしていた頃にもブログをやっていたのですが、当時は音楽活動のプロモーションや、目立ちたいという気持ちが強く、「ブログでお金を稼ぐ」なんてことは全く意識していませんでした。

「よし、今度はお金を稼ぐためにブログをやってみよう」そう思い、産婦人科のロビーでこのブログのアカウントをつくりました。

ブログで稼ぐ方法をいろいろネット検索していると、当時youtubeで注目されていた「ビジネス系チャンネル」という物に出会いました。

そのyoutube動画では、マナブさんやイケハヤさんなど、ぼくと年齢が大して変わらない人たちが何百万円もブログやyoutubeで稼いでいるという事を話していました。

それを見て「ぼくもブログだけでなくyoutubeもやろう」とシンプルに動画投稿を始めました。そうとう単純な思考回路です(笑)

さて、意気込んでアカウントをつくったは良いものの、人様に発信するような知識やスキルがこれといって無い事に気づきました。

ぼくは中高時代、ろくに勉強もせず、興味のあった音楽のみに人生を賭けていました。

音楽の道をあきらめた後も、必死で働きたいとは思えずに、わりと誰でも働ける物流業の契約社員を選びました。

要するに、低学歴でノースキル状態であったため、人様に偉そうに発信するようなネタがなかったのです(笑)

それでも、今の仕事だけに頼っていては「人生終了」が目に見えていましたので、少しでも思いついたネタを積極的に発信していきました。

具体的には、自分がブログを始めたという事、仕事の事、オススメの育児グッズや家具などや、薬の副作用で悩んだ事、抽選に当たり最新のマスクを手に入れた事などです。

ブログとyoutubeを主軸に、twitterやプログラミング、電子書籍の出版にも挑戦

ノースキル、ノーコンセプトの手探り状態でブログyoutubeを開始しました。

●ブログ初期の頃は「愚痴」や「日記」になってしまう事も多く、文章もひどい上に露骨に収益をねらう最低な記事も書いていました。(あまりに酷いのは削除しました)

3か月くらいの時点で、時々まぐれのアフィリエイト収益が発生するようになり、Googleアドセンスの審査にも合格しました。

半年を過ぎるころ、アドセンス収益が1円とか2円とか出るようになりました。

そうなって来ると、ブログを作るコツ、書くコツが見えてきたというか…今まで書いてきた記事の酷さを実感するようになったのです(笑)

●youtubeに関しては、投稿してすぐに低評価と、知人から「ひきました」とのリアルなコメントを頂きました。

ただこれは、全てのyoutuberがぶち当たる最初の壁なのであまり気にせず突破しました。

実はある程度、動画投稿になれてくると「低評価が付かない」という現象がおこり、それは無難な作品を作り続けてしまっているシグナルとなります。

youtubeもはじめは「スマホを横にして撮る」という事を知らずに撮影し、投稿したら画面のサイズが合わないという問題が起きたりしました。

スマホに画像加工アプリを入れ「サムネづくり」に挑戦し、人気動画のデザインをパクったりもしました。

こだわりがないという事は、素直な気持ちでパクれるので、それはそれで強みがあると思いました。

動画編集に関しても、「自分を魅せたい」という欲が出てしまい、はじめのころは意味がない空白の時間も余韻として残したり、テロップも文字の輪郭をつけ忘れたりと酷いものでした。

ある程度、動画を出していくと「自分レベルのyoutuberが、凝った編集をしても時間のムダだ」と思うようになります(笑)

要するに、労力から見た成果(再生数や登録者など)を計算するようになってしまうのです。

●twitterも意識して投稿するようになりました。

twitterは正直、今でもまったくコツがわからずに迷走しています。

ブログや動画を投稿した時の告知、副業で出た成果、日頃の思想、最近だと仮想通貨の相場などを呟いていますが、まったくフォロワーさんが増えません。

むしろ、頑張れば頑張るほどフォローを解除されるくらいです(笑)

でも、こうやってブログに貼って客観的に見ると、かなりつまらないツイートしてますね…勉強になりました。

●次にプログラミングにも挑戦しました。

2020年はIT産業が伸びたのと、コロナの影響があり「未経験からITへの転職」と言うのも注目されました。

ぼくにもワンチャンあるかな?と思いProgateで2か月ほどhtmlとcssを独学してみたのですが、あまり継続したいと思えなかったので辞めました。

www.kokorotime.com

親戚がやっている小さな事業のHPをつくり直してあげる事ができたので良かったですが、プログラミングは「脳みそと指の肉体労働」だと感じました。

肉体労働は今やっている仕事だけで十分だ、というのが正直な気持ちです。

●電子書籍も出版しました。

正直、これはかなりムチャな挑戦だったのですが、ブログを半年以上続け文章力が上がった事と、自身がコロナウイルスに感染し父を亡くしてしまったという濃い経験をした事でなんとか乘りきれました。

思いを込めて描いた作品ではありますが、「ぼくの未熟さ」と「お金を稼ぎたい」というノイズが混ざってしまった作品になってしまったと反省しています。

ただ評価して下さった方もいらっしゃるので、少しは価値のあるものが書けたのかな?とも思っています。

またいつの日か、書籍の出版に挑戦したいと思っています。


さよなら、父さん コロナウイルス感染一家

現実を知る。得たモノ(収益)と失った事

さて、収益の発表をしたいと思います。

副業を1年間がんばった、現時点での収入。

●ブログは月に500円ほど(おもにアドセンス広告)さずがに0円はなくなりました。

●youtubeは月に0~1000円ほど(おもにアフィリエイト収益)調子のよい月は1000円を超える事も。

●電子書籍は今のところ数百円(これから売れていくかもしれません笑)

です。

正直、ノースキルの奴が出した1年での成果としては「悪くない」かな?と思っています。

決してよくはないですし、仕事と育児のあいまで必死に時間を投入し、休日返上で築きあげた成果なので、現実の厳しさを思いしらされます。

失ったものもあります。

「会社での信用」と「妻との時間」です。

会社ではもともと期待されていませんでしたし、ぼくも会社に期待していなかった所が大きかったです。

しかし副業すると決めて以来、残業を一切やらなくなり、積極的に仕事をしなくなりました。

育児があるのもありますが、積極的に仕事をすると、どんどん大事な仕事、大変な仕事が回ってくるからです。

なのに給料が見合ったぶん上がらない現実も、ぼくは知っています。

日本社会の課題だと真剣におもいますが、今は自分の事しか考える余裕がありません。

この1年で、ぼくの会社での出世はかなり遠のきましたし、残業すれば稼げていたであろう収入はなくなりました。

あと育児の時間は最低限つくりましたが、妻との時間はまともにつくる事が出来ませんでした。

育児も最低限のレベルだったので、妻には不満を与えてしまったと思います。

1年だけでみると、失った代償の方がデカいです。

しかしこれからの希望もありますし、自分がやってみて楽しいとも思えています。

2年目も、1年目で得たスキルを主軸に戦い、数字を伸ばしていき、チャンスがあれば飛びついていきたいと思います。

そしてぼくと同じように、ノースキルで未来が不安な人などに、希望を注いであげられるような存在になりたいなと思います。

以上、ぼくの副業1年目の成果でした。

ご観覧、ありがとうございました!!

こちらの記事もおすすめです↓↓↓

www.kokorotime.com

www.kokorotime.com

www.kokorotime.com