おすすめインターネット回線ブログ

「親にもおすすめできる!」をコンセプトに、経験に基づいたおすすめの光回線、インターネット回線を紹介します。当サイトはアフィリエイト広告を一部利用しています

楽天回線の通信速度を比較&Rakutenモバイルのメリットを解説

こんにちは!安くて速いインターネット回線を紹介しているこーいちです。

 

皆さんは、スマホSIMの「楽天モバイル」にどういったイメージを持っていますか?

 

ぼくは実際に楽天モバイルを使ってみて、料金が安く通信品質も良いのでとても満足しています。

 

さらに、アプリを使えば国内通話が無料でかけれるので、通話料もほぼ0円になりました。

 

今回はぼくが実際に楽天モバイルを使って感じた通信速度や使用感、メリット&デメリットなどを詳しくお話しします。

 

楽天モバイルに変えて生活が楽になる方も多いと思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。

楽天モバイルの料金について

楽天モバイル最強プランの料金は以下のとおりです。

月のデーター使用量が3Gまでが税込み1,078円

3G以上20G未満が税込み2,178円

20G以上は、どれだけ使っても税込み3,278円です。

 

ahamoの標準プランや、大盛りプランより安いです。

 

あと楽天モバイルは、基本的には解約しても契約解除料が発生しません

 

仮にサービスが気に入らなかったり、自宅と楽天回線の相性が悪くても、違約金なしで解約できるのでリスクがありません。

 

電話料金に関しては、通常電話だと30秒22円なのですが、楽天Linkというアプリからかけると国内通話が0円になります。

 

アプリを使えばどれだけ通話してもタダなので、毎月の電話代が高くなりがちの人はかなりの節約になります。

 

ぼくも楽天LINKの利用で、毎月の通話料がほとんどタダになりました。

 

アプリで国内通話が無料は、とても大きなメリットです。

 

あと、あまり需要はなさそうですが、通常電話の15分かけ放題オプションもあります。

楽天モバイルの通信速度について

楽天モバイルは使えるエリアが限られている、と思っている方も多いと思いますが、人が住んでいる大体の場所ですでに使えるようになっています。

また、楽天回線が繋がらないエリアでもau回線に切り替わり、データ制限なしで高速データ通信ができます。

 

ということで、通信できない心配はほとんどありません。

 

たとえ自分の生活環境で楽天モバイルが合わなくても、違約金なしで解約できるので試して損はありません。

ドコモ回線との比較

ぼくはドコモ回線の格安SIMも持っているので、速度の比較をしてみました。

 

ちなみに、比較に使ったスマホ端末はZenFone Max M2です。

 

ゴールデンタイムの楽天回線速度

まさかモバイル通信で100Mbpsを超えるとは思いませんでした!

 

これを見た時は「すごい!すごいよ楽天!」と思いました。

 

同時刻のドコモ回線(エキサイトモバイル)

わが家のゴールデンタイム時のドコモ回線の速度も決して悪くありません。

40Mbspあれば一般的なネット利用は快適にできますし、VR動画だって見れます。

 

しかし、楽天モバイル100Mbpsの衝撃が大きくて、あまり感動しませんでした。

 

昼過ぎの職場にて楽天モバイル

お昼時から夕方までで、速度の遅さを感じたことのある人も多いのではないでしょうか?

 

ドコモ回線だと特にお昼時の遅さを感じることが多いのですが、楽天モバイルはお昼~昼過ぎでも快適な速度が出ています。

 

昼過ぎの職場にて、ドコモ回線(エキサイトモバイル)

こちらは同時刻のドコモ回線の通信速度です。

 

この写真のぼくと同じように、お昼~昼過ぎのドコモ回線の遅さを経験した方は多いと思います。

 

ドコモ回線は通信エラーなど少なく安定しているイメージですが、場所や時間帯によっては通信速度の遅さが気になります。

 

楽天回線も、もちろん場所や端末の性能で速度は変わりますが、ぼくの住んでいる地域だとかなり速い速度が常に出ています。

楽天モバイルの通話品質

つづいて、ドコモ回線、楽天回線、楽天Link、LINE通話の音声を録音したので聞いてみてください。

このように、ボイスレコーダーを繋いだスマホに、SIMを入れ替えて通話をかけて録音しました。

 

ドコモ回線…音切れなどはなく安定しているが、音質が暗く、音量感もやや低い

楽天回線…世間で言われているような音質の悪さは感じられない。むしろ良い

楽天Link…楽天の通常電話とそれほど音質の差は感じない。十分快適な音質。

LINE通話…音質かなり良い

 

このような感想をぼくは持ちました。

 

楽天回線は音質が悪いと言う人もいますが、それは昔の情報のままイメージが固まっているのではないかと思います。

 

少なくともぼくは音質が悪いとは思いませんでした。

 

楽天Linkも、無料通話としては十分な品質を担保しています。

 

みなさんはどう感じましたか?

楽天モバイルのデメリット

今回楽天モバイルを使ってみて、想像以上に良いサービスだと思いました。

 

しかしデメリットも感じましたので、それを解説します。

 

まず1つ目のデメリットが、楽天モバイルに対応していない端末があるです。

 

これは現状、1番大きなデメリットだと思います。

 

楽天モバイル公式サイトで対応端末を確認することができますが、手持ちのスマホが楽天モバイルに対応していなければスマホを買い替えないといけません。

 

ただし、正式な対応機種じゃなくても、楽天モバイルが使える場合もあります。

 

ぼくのZenFone Max M2もそうで、対応機種ではないけど、事前にネットで使えたという情報を見たので楽天モバイルと契約しました。

 

楽天モバイルを契約する際は、自分のスマホが対応しているかを確認して下さい。

 

デメリットの2つ目は、速度が速いので、3Gを割とすぐ超えてしまうことです。

 

普段ドコモ回線でネットをする感覚で楽天回線を使っていると、けっこう早く1Gを使っていました。

 

ほとんどネットをしない人であれば3G以内に収まると思いますが、ある程度日常的にインターネットをする人は3Gは超えると思った方がいいです。

 

つまり、多くの人が20Gまで2,178円か、無制限の3,278円になるであろうということです。

 

通信速度は良好なので、日常的にたくさんインターネットをする方は、3,278円と割り切って心ゆくまでインターネットを楽しむのがおすすめです。

 

デメリット3つ目としては、たまにですが県堺の田舎や、都市部の大型施設で通信が安定しないことがあります。

 

ただ楽天回線は通信品質向上にかなり力を入れているので、最近は繋がりにくいと感じることが無くなりました。

楽天モバイルがおすすめな人

楽天モバイルは、スマホ1台で電話もインターネットも安く完結させたい人に特におすすめです。

 

たとえば1人暮らしの方で、光回線やホームルーターを契約していない人です。

 

楽天モバイルは比較的安定した速度が出ますし、どれだけギガを使っても3,278円なので、固定回線の代わりのように使えます。

 

ただし、本格的にオンラインゲームを楽しみたい方は、光回線をおすすめします。

 

3,278円で電話もネット使い放題!と考えるとコスパは最強レベルです。

 

また、電話をよくかける人にも楽天モバイルはおすすめです。

 

楽天Linkというアプリを使えば国内通話は無料ですので、通話料を気にせず電話を楽しむことができます。

 

毎月の電話代が高くて悩んでいる方や、電話代を気にせず過ごしたい人に、楽天モバイルはとてもおすすめです。

 

あと、楽天モバイルの利用で楽天ポイントが溜まりやすくなります。

 

なので楽天市場でお買い物をする人や、楽天カード、楽天証券などを利用している人にもおすすめです。

 

楽天モバイルは、楽天モバイル公式サイトから申込むことができ、今なら初めての申し込みで13,000円の楽天ポイントが貰えます。

 

ポイントは楽天市場でも使えますし、楽天モバイルの支払いにも使えるので、3ギガ以内で使うと1年間無料でスマホが使えます。

 

スマホ代を安くしてお得に使いたい方は、ぜひチェックしてみて下さい!