【心の時間】育活パパの雑記ブログ。

普段は契約社員として働き、妻と育児に励んでいます。ブログを通じて人生を豊かにと、日々奮闘中です。

「エキサイト光Fit」は安い&早いおすすめのネット回線です。

こんにちは、こーいちです。

家のインターネットは「エキサイト光Fit」を使っています。

エキサイト光FitはIPv6接続方式の光回線で、速さ安さのバランスがとても優れています。

段階料金制のインターネット光回線【BB.excite光 Fit】

家のインターネットを、エキサイト光Fitにして大変満足していますし、もし知人に「おすすめのネット回線は?」と聞かれたら、まちがいなく「エキサイト光Fit」と答えるでしょう。

この記事では、なぜエキサイト光Fitがおすすめなのかを、経験談をまじえて書いていきます。

巧妙な他社のキャッシュバックキャンペーンや、年数縛りの表面的な安さにまどわされることなく、本当にお得な回線を選べるようにお伝えします。

ちなみに、別の記事でエキサイト光Fitの初期工事費用を無料にする裏技を公開していますので、興味のある方はご覧ください。

www.kokorotime.com

エキサイト光Fitが最強におすすめな理由

エキサイト光Fitをおすすめする理由は、ズバリ安さと早さです。それに加えて最低利用年数の縛りがないことが挙げられます。

これはどこにも負けないサービスです。

f:id:manimanipen:20210415014249p:plain

エキサイト光Fitは毎月の利用データ量によって請求金額が変動する、ちょっと面白いサービスです。

たとえば、マンションタイプですとデータ使用量が30ギガ以内だと2,640円です。これとんでもなく安いです。

しかし今の時代、さすがに30ギガは割とかんたんに超えるでしょう。

なので次の階層を見ます。200ギガ以内で3,410円です。少し値は上がりましたがこれでも安いです。

f:id:manimanipen:20210415014336p:plain

仮に200ギガを越えたとしても、200ギガ以上はどれだけ使っても4,180円です。それでも高くない金額です。

他社と比較すると、安さが本当に分かりやすいです。

たとえば、いま流行のNURO光だと、月額料金が5,217円で利用年数もあり、最低2年使わないと違約金が発生します。

仮に2千円の差額で、2年間続ける計算をすると4万8千円にもなります。

利用年数が長くなればなるほど、このような金額差は大きくなるのです。結構バカになりませんよね。

ちなみに、月の利用データ量200ギガを超えるには、動画だと約400時間見なければいけません。

30日で割ると、毎日13時間ほど動画を見れば到達します。

あなたは200ギガ超えると思いますか?

ネット配信活動やビジネス、本気のオンラインゲームなどをしている人以外、なかなか到達しない数値です。

仮に、毎月200ギガを超えてコスパ悪いなぁ…ということになったとしても、利用年数の縛りがないのですぐ解約できます。

ようするに、ほとんどの場合は200ギガ層のファミリータイプ4,290円、マンションタイプの3,410円で収まるということです。

光回線で最新式のIPv6接続ということを踏まえると、これ以上安いサービスはないでしょう。

エキサイト光Fitは十分速い!

こちらは土曜の夜に、わが家の回線速度を計ったときの画像です。 f:id:manimanipen:20210410205742p:plain

早さに関しては、下り速度90Mbほどわが家に来ています。

一般的に、4Kの動画を鑑賞するのに必要な速度が25Mbほどと言われていますので、十分な速度が供給されています。

VR動画でもHuluでもTwitterでも快適に見れるのです。

これ以上に、安さと速さのバランスを備えたサービスは他にないでしょう。


「BB.excite光 Fit」公式

エキサイト光が「遅い」と言われる真実の話

たまに「エキサイト光は遅い」という評判を見かけます。

その理由の一つとして、エキサイト光Fitではなく、旧式のIPv4接続サービスであるエキサイト光を夜に使った速度のことを言っているのではないかと思います。

たしかに、旧型接続サービスのエキサイト光では、回線が混雑する夜の時間帯になると速度が低下します。

IT産業がどんどん伸びている現代社会において、IPv4接続はもう古い接続方式だと言わざるを得ません。

exciteのネット回線サービスは数種類あるので混乱しがちですが、

エキサイト光FitはIPv6接続方式で、夜でも回線速度が安定しており、快適につかえます。

そして、もう1つの理由としてはWi-Fiルーターの性能が挙げられます。

光コンセントには十分な速度がきているのに、Wi-Fiを飛ばすルーターの性能が悪いため、結果的にエキサイトなどのサービスに問題があるように錯覚するのです。

ですので一度、光回線終端装置やルーターからLANケーブルをパソコンに直接挿して速度を計ってみてください。

このような感じで。

f:id:manimanipen:20210510063515j:plain

そしてWi-Fiとの速度と比較してください。

これで回線速度が問題なのか、ルーターが問題なのかが分かります。

このことは、過去の記事でも書いていますので、参考にしてみてください。

www.kokorotime.com

正直なところ、バッ●ァローのWi-Fiルーターはあまり良くありませんでした。

これからWi-Fiルーターを購入しようと思う方にはTP-Linkあたりをオススメしたいとおもいます。


TP-Link WiFi Wi-Fi6 無線LAN ルーター デュアルバンド 4804 Mbps (5 GHz) + 574 Mbps (2.4 GHz) ルーター OneMesh対応 3年保証 Archer AX73/A

答えは格安simとエキサイト光Fitの組み合わせ

インターネットを使ってビジネスをしていたり、動画配信やオンラインゲームを本気でやっていれば話は別ですが、一般的にネットを使う分ならエキサイト光Fitが速度コスパ共に最強です。

もし外出などで家にいないことが多くても、それにあわせて料金が安くなるので、仕事が忙しい人でも安心できます。

さらに最低利用年数がないので、引っ越しが多い人やライフスタイルが不定期な人でも損なく安全です。

出先と家でできるだけ安く、電話とインターネットをするなら、格安simとエキサイト光Fitの組み合わせが一つの答え、だとぼくは思っています。

格安simの通信料は3ギガ前後で契約し、基本ネットは家でエキサイト光FitをつかってWi-Fiを飛ばす。

出先ではなるべく通信料をおさえる。

このやり方だと通話代は除き、8千円くらいで収まります。

これが他社のネット回線プラスau、DoCoMo、SOFTBANKのsimとかだと1万円を切るのはむずかしいでしょう。

日本は不況がつづきそうなので、こういった固定費をいかに下げるかが、豊かに過ごせるかのカギです。

ぜひ、ムダに高い固定費を払い続けることのないよう注意してみてください。

それでは、ご観覧いただきありがとうございました!

エキサイト光Fitの初期回線工事費をタダにする裏技はこちらです↓↓↓

www.kokorotime.com