おすすめインターネット回線ブログ

「親にもおすすめできる!」をコンセプトに、経験に基づいたおすすめの光回線、インターネット回線を紹介します。ぜひ回線選びの参考にして下さい。

おすすめ格安SIM3選!HIS、LIBMO、エキサイトモバイル紹介!

 

こんにちは!安くて速いインターネット回線を紹介しているこーいちです!

 

今回は、暮らしの節約におすすめな格安SIMを3つ紹介します。

 

生活費を安くしたいなら、スマホプランを見直すのが断然おすすめです。

 

とくに現在ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアを使っている方は、格安SIMに乗り換えるだけで年間6万円ほどお金が節約できます。

 

ぼくの場合だと、過去にauスマホで毎月8千円以上かかっていたのが、格安SIMに乗り換え2,500円くらいになりました。

 

ちなみに、こちらが2022年1月のぼくのスマホ料金です。

ぼくはインターネットは家でしますし、通話もあまりしないので2,000円以内に収まる月が多いです。

 

このように格安SIMに乗り換え、軽く見積もっても月5,000円、年間で見ると6万円ほどお金が節約できるようになりました。

 

6万円って、ちょっとした旅行に行ける金額ですし、ゲーム機や安いパソコンだって買えちゃいます。

 

電話番号もそのままで使えるし、通信速度も快適です。なにも不満がありません。

 

ご自身や身内がドコモやauで働いている、ソフトバンクのブランドが大好きだ…

 

そういった理由で3大キャリアを使っているなら止めませんが、なんとなくで使い続けているのであれば、年間6万円ほどのお金を垂れ流しているのと同じで大変もったいないです。

 

この記事ではコスパの高いおすすめの格安SIMを3つ紹介しますので、ぜひご自身に合ったSIMを選んでみて下さい。

 

また現在格安SIMを使っている人も、「スマホ料金をさらに節約できないか?」と目を光らせチェックして下さい!

とにかく安いHISモバイル

現在のぼくのイチオシは「HISモバイル」です。

 

月額料金がストイックなほどに安く、かけ放題オプションも5分、24時間と充実しています。

 

データチャージは1Gが200円と非常に安く、eSIMにも対応しています。

 

解約違約金もないので、契約しやすいおすすめのSIMです。

こちら音声通話SIMの料金表ですが、とくに3Gプランや7Gプランが安くておすすめです。

 

音声通話7ギガで税込み990円ということで、これより安い格安SIMはそうそうありません。

 

7ギガ+5分のかけ放題オプションでも1,490円です。

 

さらに1Gプランだと550円で使えますが、100MB未満のデータ使用量だと290円に値下がりします。

 

スマホでネットをしないご年配の方にも最適です。ネットをしなければ電話かけ放題で月1,770円ですので、メチャクチャ安いです。

 

HISモバイルのデメリットは、余ったデータを繰り越しできないこと、ドコモ回線しか選べないことです。

 

そのため、auやソフトバンクで購入したスマホでHISモバイルを使うにはスマホのSIMロック解除作業が必要です。

 

ただ、HISモバイルはチャットサポートが充実していますし、実店舗も存在しています。

 

格安SIMの乗り換えで分からないことがあれば、どんどん質問しましょう!

HISモバイル

大容量使うならLIBMOがおすすめ

続いてギガが20ギガ、30ギガ欲しい!という方におすすめの「LIBMO」をご紹介します。

 

スマホで動画を見たりなど、インターネットをよくする方におすすめの格安SIMです。

 

 

このとおり、音声通話SIMの3Gや8Gのプランもかなり安いのですが、20Gプランや30Gプランが目立ってお得になっています。

 

たとえば、同じドコモ回線のahamoだと20Gプランが2,970円なので、まるまる1,000円ほどLIBMOの方が安いです。現在ahamoの20ギガプランを使っている人だと、通話料を考慮しなければ、単純計算して1年で1万2千円LIBMOの方が安くなります。

 

LIBMOなら余ったデータを翌月に繰り越しが可能ですし、データチャージは1ギガ税込み330円で購入できます。

 

かけ放題オプションも充実していて、5分無料が550円、10分無料が770円、完全無料が1,430円です。

 

LIBMOは基本通話料が30秒22円と高いので、よく通話をする方はいずれかのかけ放題オプションに入ることをおすすめします。

 

他にもLIBMOは、契約する時にスマホ端末が安く買えたりとか、雑誌読み放題オプションなどの面白いサービスもやっています。

 

チャットサポートも充実しているので、スマホの乗り換えで分からないことや料金のことを相談できます。

 

LIBMOのデメリットは、1年以内の解約で1カ月分の基本料金が違約金としてかかること、ドコモ回線しか選べないこと、基本の通話料金が30秒22円と高いことです。

 

ですので、ドコモやahamoから乗り換えて月額料金を節約したい方は、いずれかのかけ放題オプションを付けることをおすすめします。

 

今なら事務手数料が無料で、20Gプランか30Gプランの申し込みで10,000円分のTLCポイントというLIBMOで使えるポイントが貰えます。

 

分かりやすくいうと、4カ月ほど実質無料でLIBMOが使えるということです。

 

データ通信量は20ギガ、30ギガほしい!という方はLIBMOをチェックしてみて下さい。

LIBMO

データ量で月額料金が変わるエキサイトモバイルFit

最後に紹介するのは、ぼくも使っているエキサイトモバイルFitです。

 

エキサイトモバイルFitは、使ったギガに応じて月額料金が変動するため、ギガが足りなくなったり、ムダに余ったりすることがありません。

 

たとえば、先月は2ギガしか使わなかったので基本料金は880円、でも今月は出先で動画をよく見て3ギガ超えちゃったので7ギガまで1,430円のプランに自動切り替えといった感じになります。

 

毎月のギガ使用量が3G~7Gあたりで不安定な方におすすめで、バランスのいい格安SIMです。

一応25ギガまで対応していて、その後は5ギガ1,000円で追加できますが、ある程度ギガをたくさん使うのが分かりきっている方には先ほど紹介したLIBMOをおすすめします。

 

また、ドコモ回線だけでなくau回線も選べるので、auショップで買ったスマホを格安SIMに乗り換えたい方にもおすすめです。

 

また、現在は利用年数の縛りがないので、気軽に契約することができます。

 

チャットサポートも充実しているため、初めて格安SIMに乗り換える方も安心です。

 

このように料金プランのことや、乗り換えに関する質問に答えてくれます。

 

エキサイトモバイルのデメリットは、ソフトバンク回線が対応していないこと、変動制のFitはデータの繰り越しが出来ないこと、かけ放題オプションが少ないことです。

 

エキサイトモバイルの通話料金は、「エキモバ電話」という無料アプリを使えば30秒11円になるので、短い通話であればお得に使えます。

 

ただ、かけ放題オプションは3分かけ放題759円と短い上に高いので、長く通話する方にはおすすめできません。

 

たくさん通話をする方は、冒頭で紹介したHISモバイルの方をおすすめします。

 

エキサイトモバイルは通話をあまりしない人、データの使用量にバラつきがある人におすすめです。

 

いまなら3Gプランが実質3カ月無料のキャンペーンをしているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

今回紹介した3つの格安SIMはどれもお得ですが、どれにしたらいいか迷う方はエキサイトモバイルをおすすめします。au回線も選べますし、利用年数の縛りがないので気軽に使うことができます。

 

エキサイトモバイル